建物の外にある温度計は、定期的に校正しましょう

学校や運動場など、大きな野外施設などには外に温度計があります。室内にもありますが、外に、業務用の大きな機器が設置されています。外にあるものですから、雨風や強い日照りにより、経年とともに劣化が生じてきてしまうことは否めません。温度計は正確に温度を測定できなければ意味がありません。いくら強固な危機であっても、精密機器である以上、定期的に校正をしなくてはいけません。学校などでは、その機器のメンテナンス担当者を呼んで、定期的にチェックや修理を行っています。また、温度は一分一秒という極端な変化はありませんので、なかなかその劣化に気がつきにくいです。そのため、たとえ正常に動いていると認識できても、定期的な校正だけは心がけるようにしましょう。雨風にさらされて問題なく永遠に動き続ける精密機器などありません。

温度計の校正には常に気をくばりましょう

温度計は長く使用していると劣化が生じてきます。危機のスケールに関係なく、たとえば学校の校庭や運動場などの屋外施設に設置されているものから、ご家庭の部屋の壁に掛けられているもの、風邪をひいたときに熱を測定する小さな機器まで、長く使えば使うほど日々劣化していきます。目に見えた極端な変化はありませんが、常に状態は悪くなってくるというものであることは理解しておきましょう。消耗品としてとらえている方もいます。その温度計ですが、大規模で高額なものは、いくら消耗品だからとってすぐに買い替えることはできません。ですから、定期的な校正が必要であるということです。学校などでは用務員の方が定期的にメンテナンスを担当し、常に正確な測定ができるようにしています。また運動場などに設置してあるものは、正確な温度が測定できなくては、その施設の利用者にとって致命的なトラブルになりかねませんので、常に業者に構成を依頼しています。

温度計は常に校正を心がけましょう

学校の校庭や、各都市にあるような巨大な運動場などには、業務用の温度計が設置されています。学校の生徒や、運動施設を利用する選手や市民の方が安心してその場所を利用できるようにするためです。特に運度施設、競技場などでは温度の変化がその施設利用者にとって致命的なトラブルにつながることもありますので、正確な測定が大変重要になります。しかし、温度計も精密機器ですから、利用していると経年による劣化というものが出てきます。あくまで消耗品としてとらえて、古くなるたびに買い替えるというところもありますが、コストを下げるために、多くのところでは定期的な校正を行っています。学校などでは用務担当者が定期的なチェック、メンテナンスを行っています。運動施設では、施設管理の重要事項として、業者によるきめ細かいメンテナンスを行っています。

当社は、電気計測器の検定・検査業務や校正業務を毎年多数行っているという実績を持ち、経済産業省の所管する公正中立な機関です。 お客様のお宅にある電気メーターの検定、計測器の校正を、厳しい基準に基づき公正中立に行っている機関です。 創業120年以上を誇る経営力と、信頼と実績を積み重ねた確かな技術力で、これからの日本産業の発展に貢献します。 温度計の校正を行うなら公正中立な「JEMIC」へ